The Truth of the Awareness

The Truth of the Awareness

幻想世界から目醒めるためのヒント

観照者

悟り系スピに

「真我は観照者・観照意識」

という説があるね

 

これは

観照する者は真我
観照される者は自我

という解釈でもあるよね

 

 

いつから、誰が、
「真我は観照者(観照意識)」を広めたのか私は知らないけど、

この説について私にできる範囲でスピオタクさんたちの認識をリサーチしてみた

 

 


まず、
ほぼすべての悟り系オタクさんは
ごく当たり前にこの説を受け入れ、信じているようだね

 

 

で、私が気になったのが、

自分のブログなどで
真我や観照者について語っている人のほとんどが
断言、断定した書き方をしているってこと

 

 

「真我について今の自分はこう思う」
というような仮説や推考の書き方ではなく、

「真我とはこういうもの」
「真我は観照者、観照意識」

という風に断言、断定して書かれているんだよね

 


私はスピオタクさんたちが書いているものを読むときいつも思うことがある

 


なんで断定、断言できるのか?
なんで疑わないのか?

 

 

真我について語っている人にしてもそう

 


真我のことを知っているのか?
解っているのか?

 

 

いやいや、
真我について書いているスピオタクさんたち、
まだ真我覚醒できていないよね

 

 

真我がまだ覚醒してもいないのに
なぜ真我が何たるかを語れるのかな

 


自分に真我はまだ顕れてもいないのに
「真我は観照者」などと
どうして断定して言えるのかな

  

 

真我について語っている人は
「真我は観照者」だということを
どうやって確認したのかな

 

 

自分が真我覚醒しなければ
自分に真我が発現しなければ
そんなことは分かり得ないことなんじゃないのかな

 


それなのになぜ断言して書けるのかな?

 

 

自分は真我について語れるほどに解っていると
胸を張って言えるのかな?

 

 

 

例えば
会ったことも話したこともない人のことについて
知っているかのように解っているかのように
語ることってできないよね

 


もしそれをしようとするなら
それは想像とか憶測とかだし、
捏造することにもなりかねないよね

 

 


はっきり言うけど

 

真我について語っている人は
真我覚醒もできていなくて、
真我についてまだよく解ってもいない状態なのにも関わらず
断定的な言い方で語っている人ばかりだよね
 

 


だって、

「真我は観照者」というその概念(スピ情報)が

最初から当たり前のものとしてあって、

それを疑いもせず鵜呑みにし、

その概念を元にして自説を展開しているんだもん

 

 


例えば、
あるスピオタクさんは真我についてたいそう詳しげに語っていて、
「魂・真我をいつもヒーリングしている」
そうなのだけど


この人、「魂・真我」と「自我」を完全に混同している

 


自我と真我の区別もできていないのに
真我について詳しそうに語るって………

 

 

こういう、真我のことをまだ知っても解ってもいないのに自分の“自我レベルの(洗脳された)知識”でもって想像(妄想)をさも本当のことのように語る、

いかにも自分はぜんぶ知り尽くしている感満々な人っていうのは、

自分がまだ浅いレベル(視野)でしかないという
己の冷静な省察がない、
そして驕りがある、

なので実は覚醒が滞ってしまっている

ということに自分で気づくこともできないんだよね

 

 

断言して語る人というのは
そりゃ何らかの確信があってのことなんだろうけど、

だからそこに
未覚醒の人の
自分がスピ的にけっこういいレベルであると自惚れてしまっていて、己を省みていない
っていうのが露呈しているんだよ

 

 

それは
自分と同じか下のレベルの人には見抜けなくても
先を行く人からは丸見えなんだよね

 

 

 

フワスピ界隈でも、

「イヤなことをやっているときは自我」
「好きなこと、やりたいことをやっているときは真我」

という思想らしいけど、

 

そんな風に自分の自由に解釈するのは
フワスピならしょうがない……

 

 

とはいえ、

その説を断定的に語る者と、
それを鵜呑みに信じてしまう者とがいて、

それはそのまま世間に広まり固定されていく

 

 

何が本当で何がデタラメなことなのか、
しっちゃかめっちゃかになっていく

 


こういうことを各々の自我がやっているので
世の中がマヤカシの情報だらけになってしまうのね

 

 

なにせ4次元スピ世界は増上慢だらけだからね

 


アナタがたのいるステージ、
4次元スピ世界のものは
ぜんぶがマヤカシの幻想なのよ

 

 

だから
5次元覚醒(悟り)するまでは
たとえ実際に自分の身に起こったことでも
鵜呑みにしちゃあかんのよ

 


アナタがたはまだ幻想から抜け出せていないんだから


自我にまだ翻弄されているレベルなのだからね

 

スピリチュアルに関しては
すべてを疑った方がいいの

 


スピリチュアルってマヤカシなのよ


スピオタクさんたちが当たり前に「当然ある」という前提のスピ概念たち、

本当はそんなものは「ない」のよ


「ある」と思っているから「スピオタクさん」なのよ

 

 


でもね、

私はスピオタクさんたちに
スピリチュアルを信じるな!なんて言っているのではなくて、

信じてきたものを疑ってみよう
自分なりに検証してみよう

と言っているのね

 

 

最初から頭ごなしに「スピなんかにハマるな!」と勧めるのは頭ガチガチのアンチや偏見のある人がやることだもん

 

 

否定拒否拒絶し、

受け入れもせず、

また、観念や概念を頑なに握りしめて手放しもせず、

 

それでは覚醒していけない

 

 

受け入れと手放し
この“二元のプロセス”が覚醒には必要なのだからね


(✳手放すのは内観して掘り起こした自我&エゴの元)

 

 

このブログを読んでいる人たちは
今自分がいるステージがマヤカシの世界なのだということだけは覚えていよう


そこ分かってないと
4次元の魔境に足止めされることになる

 

 

 

前振りが長くなったけど
ここから本題「観照者」について私の意見を書いていくね

 

 

 

今回「観照者、観照意識」についてリサーチしていて、

この「真我は観照者」という概念、認識や、

そして「観照」というワードが、

悟り系オタクさんたちの覚醒を阻むのに一役買ってるんじゃないかな~

って私は思った

 


観照」って、昔から覚者たちが使ってきた言葉なのだろうけど、

覚醒の視点から言うと、

観照」のメリットや有意性が私には全くワカラナイ

 


悟り系オタクさんたちは観照や観察のやり方を

観るだけでいい
認識するだけでいい
気づくだけだけでいい

と言っているけど、


そもそも
「自己観照」や「自己観察」をやっていて、
何か役に立っているのかな

 

役に立っていると思い込んで満足しているだけなんじゃないのかなって私は思うんだよね

 

 


悟り系オタクさんたちは
何のために
瞑想や観察、観照をやっているの?

 

覚醒するため
覚醒したいから

観照や観察をやっているんだよねぇ?

 

 

「覚醒を目的にはしていない」
という悟り系オタクさん、いる?


おそらくいないよね

 

 

 

前にも書いたけど

観照、観察を実践しているスピオタクさんって、
自分は霊的進歩がスゴイと
内心では思ってるでしょ

 


フツーの人が知りもしない観照や観察という技法を自分は行っている
という矜持が隠れてるのが見えるもん

 


でも、
何年も観察、観照しているのに悟りに至れていない
という事実があるよね

 

 

それは私に言わせると
4次元スピ世界に何年も留まったままでいる
ってことだけど

 

 

その理由はね、
やっていることが
自我による観察、観照“ごっこ”だからだよ

 


自我が“観照ごっこ”をやっているだけなので、
自我が観照をやっているつもりで満足しているだけなので、
そんなのは覚醒にはつなるわけがないんだよ

 


これまでにも書いてきたけど、
観るだけでは覚醒しないからね

 

 

そこに気がついていないというのが
悟り系オタクさんたちのイタイところなのよ

 


 
悟り系オタクさんたちの言う「観照」っていうのは
「何かを観るという行動をやっている」
という意味で使われている言葉なのよね?

 
 
「真我は観照者」というのは、

思考・体験・行為している者(自我)を
真我が観察・観照している

という意味で使われてきたのよね?

 


真我を「観照者、観照意識」と言い、
自分の内を観照しているのは真我がやっていることだと思っている悟り系オタクさんも多いようだけど

 

 

あのね、

思考・行動しているのは自我

で、

観察や観照や内観といった“思考・行動”をしているのも自我 

だからね

 


真我は「観る」とか「気づく」などという“思考や行動”なんてしないんだよね

 

真我は内観や観照なんていう“思考や行動”はやったりしないのよ

 


「真我は観照者、観照意識」という説は
まぁ、荒唐無稽なスピのマヤカシってこと

 

 

「真我は観照者」
「真我が観照している」
って仕立て上げるというのは、
いわゆる偶像やイコン的な位置づけだと私は思う


”そう思いたい“という心(自我)の働きね

 

 


だいたい真我が何を観照するっていうんだろう

 
真我にはそんな役割なんてないし、
当然のことながら何の性質も制限もない

 

 

真我は
『大いなる一なるもの』の顕れとして
ただ“在る”だけなんだもん

 

 


なので、

観る者(真我)と
観られる者(自我)

という対なのではなくて、

 

正しくは

思考・行動する者(自我)と
思考・行動せずただ在るだけの者(真我)

という対(二元)なのね (※地球において)

 


この対が地球において統合(合一)することが

真の
「あるがまま(在る・我・儘)」(=サレンダー)
になるということなのね

 

 


瞑想をしていて
思考が止まったとき
マインドが静まったとき
観照者が現れる

と言うスピオタクさんもいるけど

 


観照者もしくは真我が現れた
と思っても、

それも自我のマヤカシに過ぎない

 

そんなことで真我は現れたりしないからね

 

自我が一人遊びしてるだけってこと 

 

その自我の一人遊びにマヤかされているだけってこと

 


どれだけ瞑想を重ねても、
観察が熟達しても、

真我が何かを観る、気づく、認識するなんてこと
ありはしないんだよ

 


どれだけ観察、観照を熱心にやって、

ただ観るだけでいい
ただ認識するだけでいい
ただ気づくだけでいい

って何年やっても、
真の覚醒なんて起こらないよ

 


観照や観察といった覚者たちが推してるやり方ね、

それらについて語っている人自身が覚醒できていないのを見ると、

悟りに至るための作業としては力不足なのは明白だよね

 

 

私の推している内観とは
内を観る深さと技法に違いがあるんだと思う

 

(それについてはいつかまた別に書こうと思う)

 

 


似たようなものに
客観やメタ認知というのもあるね

 

 

客観やメタ認知についてリサーチしたことがあるけど、

これらは私の内観のやり方とはちょっと違うし、
目的も異なる

 

客観やメタ認知の目的は”溜め込み“だから

 

なので
いくら客観やメタ認知が上達したとしても
真我は覚醒しない

 


悟り系スピオタクさんたちって、
俯瞰で見ようとする訓練をやるよね


自我と一体にならないよう、
距離を置いて観察、観照しようとする


自我を観察、観照している者が真我なんだと思ってる

 

それって
そうやって自分で自分を洗脳しているやり方なんだよね


これ、自我の思うつぼ

 

 

メタ認知のような俯瞰で観るという訓練も、
観るだけ、気づくだけでいいという観察、観照も、
真我じゃなくて
自我がやってる”溜め込み“だからね

 

 

主客合一していないなら、
どこまでいってもすべて自我がやっていることでしかないんだよ

 

 

 


最後にちょっと補足しておきたいことがある


私は前に『フワフワスピにハマっているのは誰?』という記事で、

「真我は自我の考えをちょっと上の方の離れたところから黙って見ている」

って書いたけどね

 

 

あれは真我が「見ている」という“行動”をしているのではなくて、

自我が「見ている」と感じているってことね

 


そういう体験は
自我と真我がまだ分離している状態、
つまり4次元のときにだけあるスピな体験なのね

 


主客合一すると、
当然のことながら、
「見られてる」という感覚は失せます

 

 

 

 

+ + + + + +

 

 

今回の記事は

有名な人が言ってるから
というだけでずっと信じてきた、鵜呑みにしてきたことが
はたして確かな情報なのか?

ということについて考えてみてほしくて、
提示の意味で書いた

 

 

 

ここまで書いといてナンだけど、


「真我は観照者」だと思っていたいならそうすればいいのよ


人の言うことに左右されずに、
自分の好きにしていけばいいんだよ