The Truth of the Awareness

The Truth of the Awareness

幻想世界から目醒めるためのヒント

悟った人とは

「悟りに至る経緯」とは


一瞥まで?

それともノンデュアリティまで?

 

どの時点で悟りに到達したと思えるのか?

 

 

 

私が一瞥体験したとき、

それまで悟りには全く興味がなく、悟りに関する知識がほぼなかったので、

覚者と呼ばれる人たちの体験をいろいろ調べてみた

 

それでつき合わせてみて、


『私も悟りに到達したんだぁぁぁ~~~』


って感激した

 


覚者たちの語る境地と同じような体験をしたのだと分かったから

 

 

 

ちなみに私が体験した一瞥体験とは


私=みんな=神

1でもあり0(無)でもある

宇宙に漂っているような感覚

圧倒的な無限の境地

私が創造主だったんだぁぁぁぁぁ~~~~!!!!!


(これがいわゆるワンネスの境地か)

 


スゴい感動~~~な体験だったのだけど、簡単に言うとこんなカンジ

 

 

 

でも後にその体験を徹底的に内観して、


『あれは私が今まで不思議体験してきたのと同類の幻想マヤカシ体験の1つに過ぎない、

あんなのはなんかすごい4次元スピの幻想体験をしただけに過ぎない』


って知覚したんだよね

 

 

確かにあれは超絶にすんごい体験で、

私は驚嘆と驚愕で胸が張り裂けそうになり号泣した

 

 

だけどそれこそが自我が4次元で見せる幻想マヤカシなんだよね

 

それこそが4次元に足止めさせようとする眩惑、トラップなのよ

 

 

私は今ではあの一瞥ワンネス体験はもうどーでもいいものになってしまった

 


私は今では、

 

自分がいて、みんながいる

集合意識がどうのとかどうでもいい

私が神かどうかなんてどうでもいい

創造主?どうでもいい

宇宙なんて私が作った幻想~~~

 

って思うようになった

 

 


さて


『悟りに至る経緯』というものをリサーチしてみたんだけど、


どうもほとんどが『一瞥体験をするまで』であるように見受けられる

 


その一瞥体験後、


世界がすごくいとおしいものに思えるようになったとか、

人に無性に親切にしたくなるようになったとか、

視界がトーンアップしたように明るくなったとか、

動物や植物が可愛くて仕方がなくなるとか、

 

そういう心境などの変化が起こるようなのだけど

 


でも自分の生活は相変わらずで、

自我や煩悩も相変わらず自分の中にあるまま

 


なのでそこから『悟後の修行』というものが必要かもと思うようになる

 

 

私も一瞥体験後、

とあるブログに出会ったことで、

観念の剥ぎ落としがスゴい勢いで起こり始めた

 


次から次に、自分の頑固な思い込みがボロボロボロボロとすごい勢いで剥がれ落ちていった

 

そのブログの主は覚者と呼ぶにはちょっとマインドがブレまくっている人なのだけど、

ブログの内容はお堅いガチガチの常識人間だった私にとっては目から鱗の、

固定観念をガーッと取っ払う手伝いをしてくれるものだった

 

 

このとき、『あ~これが悟後の修行というものなのかも』と思った

 

 

私は悟りの定説や概念にはほぼ興味ないし詳しくないのだけど、


一瞥体験をしただけでは悟ったとは言えないだろ~~~というのはハッキリしている

 

なぜならその時点では自我もエゴもたっぷりあるから

 


自我&エゴがあるのにはたして悟ったと宣言していいものなのか?

 


だからスピオタクさんたちは自我&エゴを浮かばせないように、


瞑想して思考をストップさせるとか、

無我の状態でいることを訓練し始める


んだよね?

 


そんなことをやっても自我&エゴは誤魔化せないんだって、

もうそろそろ気づいてもいいんじゃないのかな

 


そんな表面だけ取り繕うようなことやって自己満足して、

悟った者はいないとか言ったり、

悟りやノンデュアリティの境地を演出しようとしたりして、

 

虚しくならないの??

 


それとももう思考をストップするクセが身について、

自分を偽っている虚しさも感じなくなった?

 

 

自我&エゴは思考をいくら上手にストップさせても、

しっかりそこにあるんだよ?

 

誤魔化すことなんてできないんだよ?

 

自分にウソをつくことに慣れるなんて、悲しくない?

 

 


とあるブログで


『悟れば溺れても苦しくないんですよね~?』


という何となく悟りとかスピとかをナナメに見ているようなブロガーのこんな文章を見つけた

 


これ、悟りを表すのに使える~って思ったんだよね

 


『悟った人は溺れても苦しくない』

じゃないのよ

 


悟った人には「溺れる」という体験はもう必要ない

 

だから溺れるようなことはもう起こらない


溺れるような状況にはならないんだよ

 

 

溺れるだけでなく、

すべてにおいて『苦』『問題』『困る』などと思われるような状況に陥ることがなくなるのよ

 


私は

『その人にとって起こるべきことが起こる』

これは真理と思っている

 


なぜなら


その人にとって必要なこと(★)が起こり、

それを体験することで、

その人にいろんな思考や感情がわく


それがその人の中にある自我&エゴをあぶり出すことになるからよ


あぶり出すことによって自我&エゴの昇華が可能になるからよ

 


(★)の『その人にとって必要なことが起こる』というのは、


その人が覚醒していくために必要なことがその人に起こるっていうことだよ

 


思考や感情がわかないようにストップするようなスピメソッド(瞑想やノンデュアリティ思想)をやり続けているということは、


あぶり出し昇華させなくてはならない自我&エゴは出てこれなくなる

 


『思考や感情がわかないようにするというメソッドを行っている』

のは誰よ

 

誰って、アナタの自我だよ

 

そのメソッドをアナタにやらせているアナタの自我がアナタの覚醒を邪魔しているっていうことだよ

 


この自我のカラクリ、この説明で分かるかな?

 

 


あぶり出すべき自我&エゴがもうない人

 

私はそれが悟った人なのだと思う

 

 

 

広告を非表示にする