The Truth of the Awareness

The Truth of the Awareness

幻想世界から目醒めるためのヒント

shandrani流、内観&昇華のやり方

私がこれまでずっとやってきた内観&昇華のやり方を書くね

 

 

ここに書くのは、私が誰から習ったわけでもなく、自然にやってきた私のオリジナル

 

(といっても誰かがどこかで同じようなことをやってるかもしれない)

 

この内観&昇華をずっとやってきて、私は本当にラクになった

 

『心穏やかに暮らしたい』

 

ただそれだけを願って無我夢中でやってきた

 

(正確には“やらされた”というカンジ)

 

それが真我覚醒、主客合一にまで来るなんて、私は想像すらしてなかった

 

それを目標にしてなかったのがよかったんだと思う

 

 

 

+++++++

 

 

内観でやることは、

出来事や人間関係でアナタが味わった感情、

なぜそんな感情がわいたのか、

それは過去に起こった出来事が元になっているのかもしれない、

ただの思い込みによるものなのかもしれない、

そういった原因をできるだけ深くまで探っていくこと

 

感情や思考の根元に遡ってみること

 

最初のうち、何も浮かんでこなければ、

「なぜそう思うの?」

「なぜそう思ったの?」

と自分に問いかけていくのもいい

 

すると、フッ…………と何かが閃いたり浮かんだりする

 

1つの単語でヒントが浮かぶこともある

 

全く思いもしないような言葉が現れることもある

 

さらに続けて、

「なぜそう思うの?」と自分に問いかけるのを繰り返していく

 

繰り返し問いかけていくと、

深~いところに潜んでた自我&エゴが浮かび上がってくる

 

ハッ!と何か気づきが起これば成功

 

内観のやり方はもう自分でコツをつかんでいくしかない

 

慣れてくると、

問いかけしなくても、

内観モードに入っただけで、

どんどんわいて出てくるようになる

 

 

 

●対 ❬他者❭ の場合

 

まだアナタが自我&エゴ満々の場合、

最初は相手を悪者にして内観することになるかもしれない

 

そこを頑張って、 自分の至らなかった点についてしっかり内観する(内省)

 

次に自分と相手の中間から中立の視点で内観する

 

できればでいいけど、

上から二人を見下ろしているようなカンジで、俯瞰で観るようにやってみる

 

コツが分かって慣れてくると、 最初からこの中間の視点で内観できるようになっていく

 

「自分は悪くない!相手の方が絶対に悪いもん!」では、昇華できたことにはならない 


自分のことを正当化することが内観じゃないからね

 

ぜんぶを相手のせいにして自我&エゴを満足させたままで終わらせても、

自我&エゴは昇華できない

 

なぜなら、


ムカついたりイライラさせられたり憎んだり恨んだりするヤツが私たちの人生には現れるけど、


相手はアナタの敵ではないから!!

 

相手はアナタを不快にさせて、

アナタに潜む感情をあぶり出す、

というアナタの協力者なのだからね!

 

別に

『アイツは私の協力者♡』

ってわざわざ思い込もうとする必要もない

 

キライならキライ!でいいの

 

なぜソイツがキライなのか

そこを探っていくの

 

それが内観だよ

 

相手を好きになることが内観なんじゃない

 

相手を許せと言ってるのでもないよ

 

アナタの中にあるものを観て!ということ

 

 

できれば心残りのない状態にまで内観&昇華できるといい

 

それはムリヤリそんな風に頭で思い込んでも無意味だよ

 

心底からそう思えること、  

相手のことをほとんど思い出さなくなったとか、

すっかり忘れて、名前も忘れてて、

何かの拍子に思い出したりするけど、

何のわだかまりもない

無感情、無反応、平常心になれること  

 

相手に対して何の感情もなくなったという状態になれて、

昇華を1つ終えたということになる

 

 

これね、

自分では納得できたつもりになってても、

思い出すたびに腹が立ったり、

いろんな感情が込み上げてきたり、

その感情に心が揺り動かされたり振り回されたりするなら、

昇華できてないってことだからね   

 

内観がちゃんとできていない、

内観が足りていない、

ということになる

  

 

対❬他者❭の他に、

耳にすること、目にしたものなど、

周りにはいろんな内観の材料があるので、

気になったことからちょこちょこやってみて内観に慣れていこう

 

 

 

●対 ❬現象❭ など

 

4次元スピ世界では、

起こることを疑いもせずに信じてしまったり鵜呑みにしてしまうことが多いんだよね~

 

それはトリックがあって

 

自分に都合がいいことと、

覚者やスピリーダーが語っていることが一致したときに多いんだよね

 

自分の身に起こったことや自分が常々考えていたこと、

それを有名な覚者やスピリーダーが語っているのを知ったとき、

こんな有名な覚者やスピリーダーが言ってるんだから、

私の考え、体験も正しかったんだ~♡

ってコジツケて、

うっかり鵜呑みに信じてしまう  

というカラクリ

 

これをやってる覚者やスピオタクたちがすっごい多いんだよね

 

(私もやってた)

 

だから、 

スピ的な現象や事象について内観するときは、まずは疑ってみること!

 

疑うというのは、4次元スピに関してはすごく有効なんだよね

 

なぜなら、ぜんぶ幻想だから!

 

幻想を信じる(信じたい)のはナゼなんだろうね?

 

自分に都合がいいからじゃないか?

 

それを念頭に置いていてほしい

 

 

 

スピブログとか読んでると、哀れなくらいとんでもない思い込みに囚われているスピリーダーがホントに多いんだよね

 

謙虚な人そうに見えても慢心があり、

自分は霊的にスゴイレベルだと自惚れているからに他ならない

 

こういう人、 

5次元に入るとすぐに見抜けちゃうようになるよ

 

 

 

内観はやればやるほど上達していくし、

覚醒が進むほど、

真我からのサポートは増していく

 

 

内観するクセをつけて、

どうすれば内観モードになれるか自分でいろいろやってみて、

自我&エゴに気づけるようになっていこう

 

 

 

 

 

広告を非表示にする